北海道、関東を中心に店舗展開する、和食レストランとんでん。おせち料理。鮨、そば、天ぷら、季節のおすすめ等たくさんの料理をご用意してお待ちしています。

会社案内

会社概要

会社データ
名称
とんでん
本店所在地 北海道札幌市東区北38条東8丁目489番24号
創業 1968(昭和43)年
設立 1969(昭和44)年
資本金 1億円
事業内容 鮨、そば、天ぷら、茶わんむし、生いわし、生ほっき、生さんまをはじめとする『旬』の鮮魚を主力メニューとした和食レストランチェーン経営
社員数 576名(全従業員数 5,711名):2014年4月現在
売上高 230億9,000万円(2014年3月期)
代表者 代表取締役社長 長尾 治人
事業所

■本社■
関東本社
埼玉県さいたま市南区白幡1-14-15
TEL 048-838-7878
FAX 048-838-8866

恵庭本部
北海道恵庭市戸磯616-2
TEL 0123-34-8881
FAX 0123-34-1126


■工場■

北海道恵庭市戸磯616-2
TEL 0123-34-6061
FAX 0123-34-1126




とんでん


関東95店舗、北海道18店舗 計113店舗 (平成25年11月25日現在)


●温泉●

つきさむ温泉

北海道札幌市豊平区月寒東一条20丁目189-5
TEL 011-855-4126
FAX 011-856-4126

社名と社章の由来について

とんでんの看板と社章の赤い色は、「情熱」を表しています。
社章には星が七つ並んでいますが、北の夜空にはなじみぶかい「北斗七星」を「N(ノース=北)」にも見立て、デザインしてあります。船舶・航空機などに付いている羅針盤にしても方向を定める基準はN=北です。とんでんの発祥の地は北海道です。北海道の夜空に1年中見える北斗七星は北海道で生まれ育った者にとっては、自分の人生のロマンをよりかき立ててくれる身近な、そして想像力をはぐくんでくれる星です。明治2年、北海道に開拓使が置かれ、開拓使の旗章は「星」でした。星印は、北海道にとって開拓のシンボルなのです。
とんでんの社名は北海道開拓の象徴的存在である屯田兵の屯田に由来しています。星には「屯田魂=開拓者魂」の意味もこめられています。
このように社名および社章には
1.「情熱」
2.「北斗七星=ロマン」
3.「N=北=方向が定まっていること」
4.「星=屯田兵=開拓者魂」
の意味がこめられています。

和食レストラン とんでん
とんでん マーク
イメージ
Copyright © 和食レストラン とんでん All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.