あれほど暑かった夏の倍返しのような新年の冬の寒さです。 元日から出勤をして、お昼前、自宅のご近所さんにご注文いただいたお鮨をお届けにあがると、ちょうど、訪ねて来られた若いご婦人とそのお嬢さんに玄関でお会いしました。 小さなお嬢さんの顔を見ながら、「お年はよっつかな?」と聞くと、指を4本立てて、はにかんでいました。私は胸の中で、「おお、大当たり!」とうれしく思いました。縁起の良い一年の始まりとなりました。

さて、月をまたぐと2月3日は、鬼(邪気)払いの節分。 とんでんでは縁起の良い「恵方巻」をご用意させていただいております。

とんでんならではの調理技術と鮮度にこだわった、 ①えび・ずわいがに・いくらなど海鮮を主とした11種類の具材をきらびやかに包み込んだ「海鮮恵方巻」をはじめ、 ②合格祈願も兼ねられる「恵方かつ巻」、 ③福を呼び寄せる7種類の具材による程よい美味しさの「恵方巻」、さらに今年は ④お召し上がりやすいサイズの「恵方中巻(3本セット)」がございます。

お好きな恵方巻をお選びいただきまして、お近くの和食レストランとんでんでご予約いただければ、ありがたく存じます。

なお、1月9日から、冬の旬、真だらの白子メニューが始まります。おすすめの真だらの白子鍋(北海道店舗は、真だらのたち鍋)は、体があたたまりますし、とにかく美味しく、毎年、楽しみにされているお客様も多くいらっしゃいます。

寒さを忘れさせ、楽しい時間を提供する和食レストランとんでんにお出かけくださいませ。