3日前、北海道小樽の親しい方と電話で話をしたら、夜は冷え込むようになって、10月14日から、ポータブルストーブを点け、湯たんぽも入れているということで、一気に秋が深まっているようです。 10月16日に、北海道内の平野部にも雪が舞い、1ヵ月も早い初雪とか。冬が近づいてきています。 10月も半ばを過ぎましたが、おせち料理のご予約が年々早まってきています。特にインターネットが普及し、ネット検索でさまざまなおせち料理を見比べ、売り切れる前にと、これと思うものをネットで予約する方が多いようです。 もちろん、和食レストランとんでんの店舗でのご予約のお客様も多く、各店こぞって、今年のおせち料理販売に力を入れています。 従業員さん一人一人もお客様、お知り合いに、自信を持っておすすめしています。 高校生のアルバイトさんも、ご来店のお客様にとんでんのおせち料理のご紹介とおすすめをし、「そんなに熱心にすすめるのなら、相当、自信もあるんでしょう」とご予約いただいています。 中には、自宅用だけでなく、 「店長、学校の友人のお母さんが買ってくれました」 「店長、母が親戚に紹介してくれました」 「店長、父がゴルフ仲間にすすめてくれました」 ご親戚、知人の方々にも紹介、おすすめをして、全国各地にお届けのご予約が入ってきています。 販売歴30年を越える、毛がに、ズワイガニ、タラバガニの三大蟹の入った「北海道のおせち料理」と、今年、販売3年目を迎えた、華やかな3段重「雅(みやび)」は本年も珍しい品々を集め、数量限定でご予約を承っております。