「パパ、見て見て、きれい!」と目がキラキラしているお子さんの声。 「すごいね」と興奮ぎみに答えるお父さんの声。 「ママ、大きな花火だね」と感心しているお子さん。 「そうね。食事をしながら、こんなに豪華な花火を見られるなんて、素敵な夜になったわ」ママはお子さんの手を握っています。 「この夏、一番の思い出になるかもね。絵日記の題材ができたね」とお父さんはお子さんの目を見ながらほほえんでいます。 「ほら、また、上がった、キャー」大興奮のお子さん。 まわりのお客様も笑っていらっしゃいます。 ドーンと花火が上がるたびに、フロア内に歓声が響きます。 お店の窓から、桜並木や、花水木やツツジの並木が見える所はたくさんありますが、花火が見えるところはなかなかありません。 このお店、いつもだと、窓の前にずらりと、お店のおすすめニューのぼりが立っています。 花火の打ち上げ時間になって、従業員さんが、心を合わせて、まるで映画の始まりの幕を上げるように、一気に、のぼりを外していき、視界良好の粋なはからいを演出したのです。 このご家族だけでなく、どのご家族、浴衣姿のカップル、女子会、ビールジョッキ・サワーグラスを酌み交わす夕涼みの男子会の皆様も、はなやかな夜空の花火劇場に、こころゆくまで感動されたことでしょう。 幸運は、皆やさしきひとがつどう時に起こるのかもしれないと思わされる一夜の物語を紹介させていただきました。 夏休み、おこさまメニューも充実している、とんでんのお店に、おじい様もおばあ様もご一緒に、楽しい思い出づくりにいらっしゃいませんか。 生いわし、うな重、北海かにめし、北海道そば、ゆず切りそば、おすすめメニューも豊富です。