風薫る5月も終わり、6月はバラがとても美しい季節です。 モーニング・ウオーキングで、札幌にいたころ、自宅の庭に咲いていたフランネル草を見つけました。フランネル草の原産地は南ヨーロッパ、江戸時代に移入され、野生化した帰化植物とか。どうりで、種を植えたおぼえがないのに咲いていました。可憐なのに強い花なのですね。 水揚げされる生いわしの脂乗りが日増しに良くなって来ました。 とんでんでは5月30日(水)より「生いわし」メニューを大幅に刷新し、種類も豊富なメニューとなっています。 まず、いわしのフライ、いわしの刺身、いわしのマリネ風、いわし鮨かミニいわしちらしのお好きなほうを選んでいただいて、さらにミニ山菜そば、茶わんむし、味噌汁がセットになった「いわし華やか膳」が、おすすめです。 そのほかに「いわし刺身・甘酢あんかけ膳」「いわしの蒲焼重・そば」「いわし天鮨・北海道そば」「いわし御膳」「いわしちらし・そば」「いわしの唐揚げ膳」「いわし鮨・そば」の7品のセットメニューがあり、お好きなものをお召し上がりいただけます。 中でも、いわし蒲焼重は、うな重にも負けない美味しさで、舌が驚くかもしれません。 生ビール、サワーのお供に最適な生いわしの一品料理も、新メニューの「いわしの蒲焼」「いわしのサンガ焼」はじめ14品とこちらも豊富です。 6月17日(日)の父の日のセットメニュー「さざなみ」の先行販売も始めます。 例年、ご好評いただいている北海道産赤肉メロンを使用した「メロンゼリー」も6月1日(金)より、販売いたします。ギフト用にもご家庭用にもぜひ、お持ち帰りください。 初夏の始まり、どうぞ、和食レストランとんでんにお出かけくださいませ。