関東は、芍薬(しゃくやく)、牡丹(ぼたん)が見ごろです。 立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹(ぼたん)、歩く姿は百合(ゆり)の花という言葉は、最近はほとんど聞かなくなりましたが、それぞれの花の美しい姿を表現しています。 その説もいくつかあり、芍薬の美しさは立ち姿にあり、牡丹はまるで座っているような姿の美しさ、百合は風に揺れると美人が歩いているような姿というのが一説。 もう一説は、人の見る位置による美しさで、芍薬は立って見るのが美しい、牡丹は座って見るのが美しい、百合は歩きながら見るのが美しい、という説です。 自宅の庭の鉄砲百合はまだ30センチくらいなので、咲くのは来月でしょう。ちなみにここ4、5年、毎年、連休明けくらいに石垣島を訪ねていますが、海岸近くの大きな岩礁、山間に自生の鉄砲百合が、背丈も低く楚々と咲いています。 独身寮に住むある女性チーフから聞いた話です。勤務を終えて自室に戻る時、ドアを押して、誰もいない暗い部屋なのですが、なぜか「ただいま」と言って入室するそうです。たぶん、それは、一人で留守番をしていた、「もう一人の私」に言っているのだと思います。 そして自室に入って、座ってしまうと、動きたくなくなるので、入浴の用意、洗濯機のスイッチ・オンなど、やらなければいけないことを先にやってから、「はい、お疲れ様」と座ると、仕事の戦闘モードが解けて、もう一人の私と合体できるようです。 今年は5月の第2日曜日の13日が「母の日」です。 和食レストランとんでんでは、握り鮨、海老と鮪のお刺身、豆のサラダ、うどん半量、あさりの土瓶蒸し、茶わんむし、そして選べるデザートがセットになった「母の日セットみやび」をご用意してお待ち申し上げております。