今日は今年一番の寒さとか。関東は日中摂氏5、6度なのですが、陽射しが強く、寒さをやわらげています。 60年以上も前のことですが、北海道の旭川で育ち、この寒い時期、朝、目覚めると掛けふとんの襟の、息をした鼻や口の付近に白い霜が付いていました。窓も、がりがりに凍って、霜の花が咲いていました。 そういう朝、石炭ストーブを燃やして、ちゃぶ台につくと、身も心も温めてくれたのが、母の味噌汁です。中でも、この時季の鱈の白子、北海道では「たち」という呼び名でしたが、口の中でふわふわと甘味がとろけて、極上の幸せを感じたものです。 鱈は、大口魚とも表記され、蟹、海老、ヤドカリなどの甲殻類もかまわず、何でも食べるそうで、100種類以上もの魚介類が胃袋から出てきた例もあるとか。文字通り、「たら腹食う」という語源にもなっているほどで、その白子ですから、美味しいに決まっているのです。 白子にはビタミンDが豊富にふくまれ、骨を丈夫にしてくれる、つまり骨粗しょう症や虫歯予防に良いとされていますし、パントテン酸も多く、疲労回復にも良いと言われています。確かに、たちの味噌汁を飲むと、元気になるように感じたものです。 和食レストランとんでんでは、関東は「真だらの白子」メニュー、北海道は「真だらのたち」メニューと銘打って、1月11日から提供しております。 「真だらの白子御膳」「白子の特選鮨・北海道そば」のお膳物が2種、「真だらの白子鍋」はじめ「真だらの白子ポン酢」「真だらの白子焼き」「真だらの白子天ぷら」「真だらの白子握り」「真だらの白子汁」の一品料理も豊富で、何度かご来店いただいて、ぜひ、全「白子」メニューの制覇(せいは)をおすすめいたします。 また、平日(月曜日~金曜日)は、「真だらの白子鍋」「白子鮨・北海道そば」「真だらの白子ポン酢」を感謝価格でお召し上がれます。