猛暑。毎年のことながら、こんなに暑かったろうかと、あまりの暑さにめげそうな気持ちでも、職場に行くと、仕事仲間がいるので、「さて頑張るか」と気分を前向きに変えられることってありませんか。

お盆は、「しばらくぶりに会う」という、大げさに言えば、「奇跡」のような出会いが、日本中にあるのではないでしょうか。

お店を舞台にした、「奇跡」のようなお話はいくつもあります。 お店のフロアで、勤務5年をこえたAさんが、ランチのお客様をお迎えしていると、「おばちゃん」と小さな女の子が、抱きついてきた。 あらあら、かわいいお嬢ちゃんと思っていたら、そのあとに、ママとパパらしき人が立っていて、「いらっしゃいませ」と笑顔でお迎えする。 「お姉ちゃん」と言われて、顔をあらためて見てみると、末の妹さんご夫婦でした。 「なんで、どうしたの?」とフロアのAさんは、きつねにつままれたような顔に。 「家族で旅行中なの。主人と、この子に会わせたくて」と妹さん。 「あら、大変。ごめんね。結婚式に行けなくて」とAさんは、涙がこぼれそうになっている。 「本当にもう、びっくりさせて。でも、会いに来てくれて、本当にうれしいわ。食事していく時間あるんでしょう」とAさん。「もちろんよ」と妹さん。

Aさんは「あっ」と気が付いたように、「はじめまして」とご主人に深々とお辞儀をし、「テーブルにご案内します」と背中を向けたとたんに、涙がツウッと、ほほをつたった。「上を向いて歩かなくちゃ。なんて、うれしい日でしょ」と、Aさんに「奇跡」がほほえんでくれたようです。

今年もとんでんのおせち料理、ご予約のお受け、始まっております。 今年は、定評のある3段重「とんでん」「雅」に加え、新しく、2~3人様用の2段重「北の恵」が発売となっております。 数量限定ですので、お早目に、ご予約をたまわれば、ありがたく存じます。