関東は、ハナミズキ、ツツジ、サツキ、ボタン、それにスズランも咲いて春らんまんの花盛りです。昨夜、札幌からの真夜中メールによると、札幌もそろそろ桜シーズン到来のようです。 昨日、4月29日は昭和の日の祝日、ゴールデンウイークの初日でした。昨日は筆者の妻の元部下の結婚式でした。なぜか私も一緒に招待され、挙式場の東京信濃町にある明治記念館に行ってきました。妻は新婦側の主賓で、会社では母親のように彼女を見てきたのでした。 筆者は、妻が勤務する会社では、パリの婦人服チェーン店の都内、神奈川各店に時々、「とんでんの和菓子」を差し入れする、通称「パパさん」と呼ばれて親しまれているようです。 明治記念館のその日の挙式案内板を見ると、24組もの挙式および披露宴が予定されていました。 妻の元部下は、アメリカ留学、フランス留学の経験がある才女でしたが、遠回りをして、時間をかけて良き新郎と出会えたように感じました。挙式を前に、お母様が亡くなられ、東日本大震災もあり、挙式に迷ったようでしたが、おそらくご主人の強いリーダーシップに励まされて挙式を実行されたのではないかと感じました。 披露宴前、晴れ渡る明治記念館のひろびろとした庭園でご親族との記念写真を撮っていたので、近づいていくと、「パパさんだ」と新婦がほほえんで迎えてくれました。 披露宴の間、新婦のお父様が、わざわざ挨拶に来られていましたが、最後の花束贈呈でも涙を見せなかったお父様でした。でも出席者のお見送りの時、時折り空を見上げては涙をこらえておられた姿に、人としてのすべての人生を見た思いでした。 和食レストランとんでんでは、このゴールデンウイーク期間中、ご家族様、また、しばらくぶりにお会いする三世代ご家族様のご来店をお待ち申し上げております。 ゴールデンウイーク明け後の日曜日、5月8日は「母の日」のスペシャルメニューもご用意しております。そして季節のマンゴーデザートメニューもおすすめです。