北海道の春の代表の魚と言えば、鰊(にしん)です。いっとき、獲れなくなった鰊ですが、ふたたび戻ってきたニュースが地元の新聞に載るようになりました。 その鰊を素材に、北海道のとんでんでは、2月16日(木)から「生にしんメニュー」を始めます。 にしんを生でたべられるほど、鮮度がよいということを示しています。

にぎり、たたきずし、刺身というベーシックな春にしん料理を、調理技術をきわめてきた北海道店舗だからこそ、本当に美味しく提供できます。

セット料理も充実していまして、「春にしん特選鮨・北海道そば」「春にしん刺身膳」「ランチ春にしん鮨・北海道そば」「ランチ春にしん巴定食」があり、生にしん料理を堪能していただけます。

お酒を召し上がったあと、締めに単品の「春にしんの特選鮨」(味噌汁付き)も680円と、お手頃価格でおすすめです。

関東からご旅行で札幌方面に行かれる方は、ぜひ、とんでんの店舗を訪ねて、「生にしんメニュー」を召し上がっていただくと、これもよいお土産話になるかと思います。