桜吹雪がはじまりました。 新入社員研修での、先輩の体験談の中から、クローズアップしてみました。前回の続きです。

4年目のD社員(女性) 「新入社員としてお店に配属されましたが、鮨検定に合格することに、とにかく、とにかく!必死でした。毎日頑張ったのですが、合格するのに半年、9月までかかってしまいました。ちょっとくやしかったです。でも、合格したときは、店長、チーフ、社員の方々、そしてパートさんが自分のことのように喜んでくれました。本当にうれしかったです。私は2年間、キッチン業務に就いていましたが、キッチンに関しては、自分の同期の誰にも絶対負けないという強い意志を持って仕事をしていました」

「去年の7月、土日、トップ店のお店に異動しました。最初は戸惑うことばかりでしたが、その分、勉強することがたくさんありました。今年2月、やっとフロア業務に就くことになりました。同期には遅れを取ってしまいましたが、今の私の目標は、フロア業務を完璧にできるようにすることです。同期は、よい友人であり、ライバルだと思っています。ぜひ、同期と競い合ってほしいです。たとえば、鮨検定で一番に取ってやると目標を持って頑張ってください」

「1日1個、目標を立ててほしいです。1週間に1個でもよいです。一つ一つクリアしていってほしいです。ちなみに、私の1週目の目標は、パートさんの顔と名前を覚えることでした。一つ一つクリアしていって、上達していってほしいです。あきらめない根性をもってほしいです。あきらめないで、とりあえず、突っ走ってみようと思ってください。そういう姿勢を周りの皆さんが見ていてくれています。今、勤められているのは、あきらめない根性があるからだと思っています」 「私は北海道出身なので関東には友達はいません。友達は、同期です。お休みの日は、できれば、外に出ることをおすすめします。外に行って、外部の刺激を受けてほしいです」