黄色の花、レンギョウも盛りです。 新入社員研修での、先輩の体験談の中から、クローズアップ・シリーズです。前回の続きです。


続・5年目のEチーフ(女性) 「三つ目に、あせらず、自分のペースで進んでいってほしいです。切磋琢磨することが非常に大切で、自分のペースをどんどん押し上げてくれる存在は、同期だと思うけれど、このあと、月日を置いて同期に会うと、同期の仕事の進み具合にあせってしまうこともあるかもしれません。でも、それは単に教わる順番が違っていたということもあります。ちょっとしたことなので、あせる必要はまったくありません。毎日、振り返って、自分の課題はこれだなと、その課題に向き合ってほしいと思います」

「四つ目は、感謝することですが、たとえば、鮨検定に合格したときとか、チーフに昇進したときとか、そういうときは、“私、頑張ったもん”と思いがちなのですが、そういう気持ちもありつつ、一方でサポートしてくださる方がたくさんいて、成功することができます。頑張った自分をほめることを大切にしつつ、感謝の気持ちも常に持っていただきたいです」

「五つ目は、“得意・不得意”、“好き・嫌い”という感情に惑わされないでほしいということ。得意なこと、好きなことをどんどん伸ばしてほしいのですが、不得意なこと、嫌いなことも、やってみると案外、できちゃったりしたことが、この研修の中でもあったのではないでしょうか。そういうことに惑わされないで、自分はこうなりたい、こんなことをしたいということを大切にして行動していただきたいと思います」

「たくさん悩むこともあるかもしれませんが、話しやすい人にどんどん遠慮なく相談してください。私も5年目になりますが、わからないことがたくさんあります。フォローしてくださる方がたくさんいます。言うだけですっきりすることもあったりします」

「同期、なかまを大切にしてください。同期は、特別な存在です。私も同期と一緒に遊んだり、明日も同期と会う予定があったり、同期とのつながりを大切にしています。先輩ができたり、後輩ができたり、社内でもなかまの輪がどんどん広がっていくと思いますが、その中でも同期は大切な存在なのでお互いに支え合いながら、これから、ばらばらの店舗に配属になりますが、ずっとつながっていてほしいと思います」

「社内で、スポーツサークルというのをやっていまして、“新入社員のみんなに会うのだから、告知お願いね”とサークルのメンバーからお願いされているので、告知します。店舗にメールで配信されると思いますが、ほぼ毎月、月に1回、みんなで体を動かしましょう! 今日はフットサルやります!とか呼びかけがあります。参加自由で、アルバイトさんも参加してくれたことがありました。5月は、新入社員の皆さんの参加しやすい日で企画していますので、ぜひ、皆さん、来てください」