関東は、陽気が良くなってクロッカスが咲いています。 札幌のつきさむ温泉で会議があり、つきさむ温泉に2泊して来ました。 支配人から、タイ古式マッサージが評判だと聞いていたので、1日目の夜、腰痛に悩んでいることもあって、そして何でも興味を持つ私は自己投資で勉強をしてみようと、タイ古式マッサージを体験してみました。 7、8年前、これも自己投資旅行で、タイのプーケットに旅行したことがあり、その時にタイ式マッサージを受けたことがあり、それはもうとても心地よく、日本にはない「いやし」がありました。 さて、つきさむ温泉のタイ古式マッサージですが、これも本当に癒されるマッサージで、というより体全体の筋を伸ばされるストレッチでした。BGMも、あのゆったりとしたタイのミュージックで、まるでメコン川をゆったりと舟で揺られているような、とても気持ちの良いものでした。 マッサージが終わって、階段の昇り降りをしているうちに、腰痛がなくなっていることに気づき、担当してくださった方がフロントにまだいたので、「腰痛、なくなったよ」と話したら、目をまるくして、「本当ですか。良かったです」と笑顔が返ってきました。 翌朝、朝風呂に入りました。先月1月もつきさむ温泉で会合があって、つきさむ温泉に泊まり、その翌朝も朝風呂を利用しました。朝日が入って、とても気持ちが良いのです。先月の時と同じ時間にご利用のお客様がこの朝もいらっしゃっていて、とても不思議な感じがしました。物静かなお客様で、バイキングの朝食でもご一緒でした。常連様なのでしょう。 実は前の日に、羽田空港に向かう途中、浜松町駅付近から、背中に違和感をおぼえ、だんだん痛くなってきていました。2泊目の夜も、そうだ、この背中の痛みもタイ古式マッサージをためすと、どうだろうかと思って、再チャレンジすることにしました。マッサージの方が、昨夜と同じ方がいらっしゃって、偶然にも2泊目のマッサージも担当していただきました。 翌朝、痛かった背中を指で確かめてみたら、なんと、痛みがやわらいでいました。支配人の話によると、タイ古式マッサージは、ストレッチとヨガを組み合わせたもので、ストレッチの効果がかなり良いようです、ということでした。 ともあれ、つきさむ温泉のスタッフの皆様、心やさしい方ばかりで、心配りも行き届き、館内全体が「ヒーリング」(いやし)なのです。 それから、どうしても皆様にPRしたいのですが、つきさむ温泉は特に中華料理がとてもおいしく、ビールのおつまみに、オリジナル春巻きをうなりながら、いただきました。 つきさむ温泉のお湯、マッサージ、食事、そして館内スタッフの皆様の笑顔にいやされて関東に戻ってまいりました。