今日から5月。ゴールデンウイークです。関東は雲ひとつない晴天の朝です。  5月は皐月(さつき)とも呼ばれ、その名のとおり関東の歩道では今、白と赤のサツキが咲き始めています。   和食レストランとんでんのお店の中でも、植栽にサツキを植えている店舗があり、お客様の目を楽しませていることでしょう、と想像しています。  数日前、帰宅途中のことでした。夜の午後8時ころでしたから、電信柱の街灯の明かりが届かないところは薄暗く、その道を、自宅の近所の方が両手にスーパーで買い物をした袋を重そうにさげて、ゆっくりと歩いていました。その方は毎年、おせち料理を購入していただいている方でした。  その方が両手の荷物をあまりにも重そうにして歩いていたので、車を停め、「お帰りですか。よろしければ、乗っていかれませんか」とお声を掛けました。 「ええ、いいんですか。それはありがたい」と言って、車に乗り込んできました。 そこからは自宅まで、車で5分と掛からないところでした。 「自転車に乗れないものですから」とその方が話し掛けてきました。 「ええっ、自転車に乗れなかったのですか」と私。 「いえ、いえ、医者から一生乗ってはいけないと言われているんです」 「ご病気でしたか。それはお大事になさってください。お声を掛けて良かったです」と言って、私はその方のおうちの前で車を停めました。 「いやあ、ありがたかった。今日は女房が出掛けていないものですから。本当にありがとうございました。助かりました」と車を降りられました。 そんなことがありました。  和食レストランとんでんでは4月8日から、北海道産、天然物の活「蝦夷(えぞ)あわび」メニューを提供しています。  そうです。2年前から、とんでんのおせち料理に盛り込んでいる、蝦夷(えぞ)あわびです。  鮑(あわび)は世界に100種類くらい生息していて、日本にはそのうちの10種類が生息し、食材として流通しているのが4種類だそうです。そのなかに蝦夷(えぞ)あわびが入っています。クロアワビの地方的変種で、冷たい海域で生息しているとされています。  蝦夷(えぞ)あわびは、昆布やワカメなどの海草類を好んで食べ、9センチの大きさになるのに5年も掛かるそうです。特に北海道産の蝦夷(えぞ)あわびは、味が濃いことで引き合いが多いとのことです。  ぜひ、和食レストランとんでんで、この蝦夷(えぞ)あわびの味をご堪能(たんのう)ください。  北海道産、天然物の活「蝦夷(えぞ)あわび」メニューは、活あわびの刺身、特選刺身、あさり汁とセットになった北海特選鮨、活あわびのにぎり鮨でございます。  5月11日(火)までのメニューですので、ご来店機会の多いこのゴールデンウイーク期間中にお召し上がりいただければ、とご案内申し上げます。