関東にいてもなかなか沖縄に行く機会はありません。まして、北海道からだと、沖縄はおとぎばなしになってしまうほど遠い。

 その沖縄を北海道の人にも味の面から知ってもらおうと、和食レストランとんでんの北海道の5名の店長たちが今年1月、現地沖縄の料理店や食材を探し歩いて、自分たちで沖縄メニューを作り上げ、4月22日から北海道の店舗だけですが、「沖縄フェア」として開催しています。

 インターネットのアンケート「好きな沖縄料理ベスト10」にも入っている沖縄そば、タコライス、ラフテー、島らっきょう、海ぶどう、ゴーヤ料理のメニューを北海道の店長たちが作り上げました。

 むろん、関東にいても沖縄料理は専門店に行かなければ食べられません。もう何年も前のことですが、JR埼京線武蔵浦和駅の飲食店街にあった無国籍料理店で何の知識もなく”沖縄名物・タコライス”を注文したことがありました。

 頭の中では、沖縄…海…蛸…タコだな…絶対タコを使ったタコライスだと思い込んで注文したら、まったく想像したものとは別で、最後まで蛸はどこに入っているの?と探しながら食べた記憶があります。

 沖縄のタコライスとは、メキシコ料理のタコスの具であるひき肉・チーズ・レタス・トマトを米飯に載せたもので、沖縄では1990年代から、学校給食にも採用されている非常に一般的な料理だそうです。

 今や全国的に有名なゴーヤはニガウリのことで、沖縄の方言でそう呼んでいるとのことです。とんでんでは「ゴーヤの天ぷら」「ゴーヤのおひたし」「うちなーサラダ」にゴーヤを入れた3品をメニューにしています。ラフテーは沖縄の豚角煮。沖縄のラフテーは皮付きでゆっくり時間を掛けて沖縄の蒸留酒泡盛で煮込みます。とんでんでは「ラフテー」の一品料理、「ラフテー丼(もずくスープ付き)」「沖縄そば」に入れています。

 島らっきょうは沖縄で栽培されているらっきょうです。シャキシャキ感があり、独特の辛みがあり、泡盛、オリオンビールのつまみに最適。

 とんでんでは、「島らっきょう」の一品料理、「島らっきょうのかき揚げ」「うちなーサラダ」に入れて用意致しました。

 海ぶどうは別名”グリーンキャビア”とも呼ばれ、プチプチした食感が特徴の海草。とんでんでは「海ぶどう」の一品料理、「うちなーサラダ」に入れています。

 そして、好きな沖縄料理アンケートのナンバーワンの「沖縄そば」。沖縄そばと言っても、そば粉は使用されていなく、小麦粉100%が特徴。

 とんでんでは、この沖縄そば、ミニラフテー丼、海ぶどうも入れたミニサラダ、お漬物をセットにした「沖縄そばセット」を用意致しました。

 そして、ラフテー、島らっきょうのかき揚げ、海ぶどうも使ったミニサラダ、もずくスープ、ご飯、お漬物のセットした「沖縄定食」もおすすめです。

 ドリンクは、沖縄のビールと言えば「オリオンビール」をはじめ、「泡盛・瑞泉青龍古酒」「シークワーサーサワー」「シークワーサーソーダ」もお楽しみいただけます。おみやげに「沖縄産黒砂糖」「乾燥もずく」「島唐辛子」もどうぞ。

「沖縄そばセット」「沖縄定食」は創業40周年感謝キャンペーン対象メニューです。 創業40周年感謝キャンペーン”ダブルチャンス”応募の第1弾は4月末で締め切られ、北海道で応募のお客様の中からは、特等ペア2組4名様「東京・沖縄どちらか選べる2泊3日の旅」の当選が5月2日に決定、このホームページにも公表されています。

 その他、ダブルチャンスの1等はとんでんのお食事券1万円が20本、2等はお食事券5千円が200本、3等3千円が300本当たり、この当選者の方々に賞品をお送り致します。

 ということで、北海道のお客様は只今開催中の「沖縄フェア」で沖縄料理を召し上がっていただいて、創業40周年感謝キャンペーン”ダブルチャンス”に応募していただき当選すると、沖縄旅行に行くことも可能です。

 また、関東のお客様で、ダブルチャンス特等の「北海道2泊3日の旅」に当選された方も、北海道へ行かれましたら、北海道のとんでんのお店に立ち寄っていただければ、北海道で沖縄料理を召し上がることができます。