昨年6月に社内関東地区のサッカー好きを集め、とんでんFC(フットボールクラブ)を立ち上げています。

 関東の和食レストランとんでんは95店舗。店舗勤務者はふだん別のお店に勤める仲間と会う機会も少ないので、クラブ活動を通して親睦を深めようということはもちろんのことですが、運動不足の解消、足腰の鍛練、とっさの判断力養成、さまざまなストレス発散、さらには今はやりのメタボ対策まで、その”効能”はいくらでも出てくる、と事務局のNマネジャーは試合にのぞむプレーヤーのような不敵な笑みを浮かべつつ、自信を持って現在も部員拡大路線で進めています。

 真夏から秋にかけ、月1回の練習を重ね、社内対抗試合も何度か消化してきた「とんでんFC」が冬に入って初めてのフットサル対外試合のチャンスを得ました。

 競技場はいつもの埼京線・武蔵浦和に近いクーバーフットボールパーク武蔵浦和。このコート管理者の仲介で対外試合が実現しました。

 試合は1月23日のこと。今年の関東は寒く、雪も何度か降っておりますが、この日も朝から雪となりました。

 対戦相手は車のディーラー会社さんA・Bの2チーム、迎え撃つ我らがとんでんからは3チーム参戦。

 この日の競技チーム名は、①「ただーず」(7名)、②「みずのーず」(7名)、③「おくのーず」(11名)。

「 ただーず」、「みずのーず」はサッカー経験者中心で固め優勝を狙う。「おくのーず」は数名を除き、ほぼ未経験者チームで、ある意味、恐いもの知らず軍団。

 朝早くから降りしきる雪に、北海道、東北出身者が多い我らとんでん3チームは、これは有利かも?と勝手に決め込む。勝てる望みであれば、雪でも雨でもどんな悪コンデションでも味方になってくれれば、大歓迎のチームなのです。

 1%のチャンスでも、勝ってやろう!というのがとんでん魂なのです。

 試合は総当たりリーグ戦で、初戦は、「ただーず」対ディーラーさんA。ディーラーさんのA・Bチームともに攻め手が早く、タテにどんどん斬り込んでくるタイプで、スピード感あふれるサッカーでした。

 それに食らいついていった「ただーず」は初戦を2-1の接戦でものにしました。すごい! やったー、やったーの大喚声で盛り上がりました。幸先よいスタートでした。

 その後の試合は善戦につぐ善戦で、優勝は僅差でディーラーさんA。さすがに毎週活動している差(うまさ)を感じさせられました。

 2位に、我らが「みずのーず」。初戦を勝った「ただーず」は息切れしたか、4位。さすが、未経験者が多かった「おくのーず」は安全第一を貫き4戦全敗、無得点で最下位。そんなの関係ない~と言ったかどうかは別にして、フットボールの楽しさを”雪戦”の中、十分に堪能したことだけは確かなようです。

 この日、特に目立った選手は、初参加の30歳ルーキー、K店・W社員。名門・帝京高校サッカー部出身の経歴はだてではありませんでした。また、紅一点のM店・K社員は大学女子サッカー部ゴールキーパー経験者で好プレーを随所に披露、今大会MIPに選ばれました。拍手~!

 水たまりに降り積むひとひらの雪でさえ小さな波紋の輪をひろげるように、この日の参加者は対外試合という緊張感を味わいながらも、フットボールを媒介に社内外に広がっていく交流という波紋の輪の大きさに、きっと驚きをまじえた感動をおぼえたにちがいありません。

sports2