関東は暦が9月に変わった途端に、涼風が吹くようになりました。

 9月初めの金曜日の夜。午後8時を過ぎ、ディナーのピークタイムが落ち着き始めたころのことであった。「いらっしゃいませ」と40代なかばのパートさんがお迎えすると、花模様の、さらっとした生地のワンピースを着た若い女性が立っていた。

 口紅もおさえ目の色、清楚な感じで、ビジネスレディーという感じではなかった。社会に出た者は一瞬、目に鋭さが出てしまう。それは知らず知らずに身についてしまう危機意識でもある。そういうものをあまり感じさせない若い女性であった。

 人差し指を一本立てて、「ひとりなんですけれど、良いですか?」と言う。そのあとは、手をうしろにして、背伸びするようにしてフロアー全体を見渡し、いいのかな、という顔をしている。

「もちろん、よろしいですよ。どうぞこちらへ」と、奥の静かな席にご案内した。

 お席で「ただ今、旬の生さんまメニューがおすすめとなっております」とメニューをお渡しする。

「メニュー、ゆっくり見させていただいていいですか」とお客様。

「どうぞ。お決まりになりましたらお知らせください。ただ今、お茶とおしぼりをお持ちします」と言って、やわらかな笑顔で下がる。

 途中で、お茶とおしぼりをお持ちする別のパートさんとすれちがう。パートさんは「お願い致します」と声には出さず目で言う。同じく目で「承知しました」と目で答える。

 お席に案内したパートさんが若い女性のお客様の動きにも目配りをしていると、どうやらご注文の品が決まったらしく顔を上げたので、すっとお席に近寄っていき、「お決まりですか」とお伺いすると「よかったです。ボタンを押すのどうしようかなと思っていたところでした」と少しまゆを寄せてほほ笑む。

 「どうぞ、何でもおっしゃってください」と安心させるように、やさしい声でご注文をお伺いする。

「どれもおいしそうで迷ったのですが、恵膳をお願い致します」とお客様。「それと……一番小さなボトルの日本酒をください。おつまみにピリ辛春巻きを」

「はい。承知致しました」と、パートさんはご注文の品を復唱する。お酒の名前を言ったところで、お客様が少し微笑んで「今日、私、二十歳の誕生日なんです」と照れたように言う。

「それはおめでとうございます」

「福井から出てきて大学に行っています。マンションに一人住まいで今日、付き合ってくれるボーイフレンドもいなくて」と、しょうがないですねという顔で笑う。

「ご実家ではその方が安心していらっしゃるのではないでしょうか」とパートさんが言うと、首を縦に振りながら口を押さえておかしそうに笑った。「そうかもしれませんね」と、こくりとうなずく。

「ごゆっくりしていってください」と、パートさんはにこりと微笑んで下がった。  お酒とおつまみを運んだのは、立ち姿の美しい若い女性店長でした。

「いらっしゃいませ。お待たせ致しました」とやわらかく言い、ピリ辛春巻きと日本酒の可愛いボトルと、冷やしたグラスをテーブルに置いてから、「お酒、おつぎしましょうか」と冷酒のキャップを外した。

「ありがとうございます」とお客様がグラスを持つ。

「お誕生日、おめでとうございます」と女性店長は言ってグラスにお酒を注いだ。

「ありがとうございます」とお客様は言ってお酒をこわごわ、口に持っていく。「父がおいしそうに飲んでいるお酒って、こういう味なのね」と細い指を口に当てて小さく笑った。

「ごゆっくりどうぞ」と店長は微笑みながら席を離れた。

 そのあと、パートさんが恵膳をお持ちして、「二十歳のお祝いのお酒の味はいかがでしたか」と聞いてみた。

「想像していたより辛くて、でも、大人の味ってこういうものかと思いました」ほほがほんのりピンク色になっていた。

 ゆっくり恵膳を召し上がったあと、お茶を飲み、少し酔いを覚ましていたようだ。会計の時、店長がお相手をした。

「今日は楽しかったです。お店の皆さん、あたたかくて。ひとり客でしかも若い私に、とてもいいものをいただきました。今日の私の誕生日プレゼントはこのお店の皆さんのおもてなしです。ありがとうございました。また、来ます」と帰っていかれた。