寒い日が続いています。今日は節分。鬼よりも、寒さに豆をぶつけてやりたいほどです。そして、恵方巻を丸かぶりで、ご家庭に福という温かさを招き寄せていただきたいなと思ったりもしています。

毎年、節分の日の翌朝は、おうちの前やマンションの通路に豆がまかれていることもあり、ここのおうちには小さなお子さんがいるんだなあと、ほほえましく思うのです。 豆をまいて邪気を払うという伝統行事が家庭で受け継がれていくことに、ほのぼのとした平和を感じます。

今夜は、恐妻家の私ですが、私が鬼になるか、愛妻が鬼になるか、じゃんけんで決め、豆をまいたら楽しいだろうなと物語を考えたり、鬼は外と追い出されたら寒いだろうなと一人くすくす笑いながら、いろいろと想像をめぐらせています。

それにしても、夕ご飯の後だと、年の数ほどの豆では多すぎて食べられないかなとも…。私の節分物語はこうして、いつまでも続くようです。

1週間後の2月10日は、ぶた丼の日です。2010年から2月10日は「ぶた丼の日」として日本記念日協会に登録されている、れっきとした記念日です。

とんでんの「北海道ぶた丼」は、香ばしく焼き上げた豚肉を8枚、6枚、4枚という3種類のぶた丼の中から、お好みのものをご注文いただけます。

お持ち帰りの「北海道ぶた丼」もございまして、ご予約もお受けいたしております。 節分が過ぎると、春が近いとも言われています。ご来店、お待ちいたしております。