3月に入って、やっと、梅が満開です。日差しにも暖かさを感じます。

日曜日のランチは、小さなお子様をお連れになったお客様が多く、お店の中に若い声がひびいて、春のおとずれをさらに加速させてくれるような感じがします。

関東のとんでんでは、春一番を思わせる「桜そば」が始まっています。桜そばがテーブルに運ばれてきますと、桜の香りがやわらかに匂い立ち、とても幸せな気分になるのは、桜が大好きな日本人の感性だからなのでしょうか。

旬の桜えび、しらすと組み合わせた「桜そばと春の特選鮨」、とんでんならではの華やかなメニューをご用意しております。 そして、「春の旬鮮丼・茶わんむし」「春彩御膳」「春の天重・茶わんむし」「桜えびとしらす盛り」「桜えびのかきあげ」と、春づくしメニューをお楽しみいただけます。

汁椀は、青森県十三湖産の「しじみ汁」がおすすめです。

3月11日からは、グランドメニュー、ランチメニューも新しく変わりますので、ぜひ、おいでくださいませ。

従業員一同、花のような笑顔で、お待ち申し上げております。