そばは古くから食されている食材で、世界のあちこちで様々な食べ方で親しまれています。

 現在のそばは「そば切り」と言って、麺棒で伸ばし、細く切って茹でて提供するというものですが、これは江戸時代に入ってから広まったそうで、それまでは「そばがき」と言ってお湯でのばしたものを食していたという事です。

 そばに含まれているルチンは毛細血管を強化し、血圧を下げる効果があり、ミネラル分、鉄分が多く女性の貧血予防にも効果があるそうです。

 ルチンの他、ビタミンB1、B2が豊富で、大変栄養価の高い健康食品であると言われています。

 とんでんでは、抹茶を練り込んだ茶そばを提供しています。どうぞのど越しの良い「とんでんの抹茶そば」を是非お召し上がり下さい。