ビールが日本に伝わったのは、鎖国中の江戸時代と言われています。

 享保9年(1724)オランダ商人と幕府の役人の間で交わされたやりとりをまとめた「和蘭問答」の中で「ヒィル」として記述されています。

 ビールの原料として使われるホップには「フェストロゲン」という物質が含まれており、これは女性ホルモンと同じ働きをするのだそうです。

 年齢とともに減少していく女性ホルモンを、「フェストロゲン」で補えるのです。

 女性ホルモンのバランスの乱れから起こる更年期障害、肩こり、冷え性など女性特有の悩みを改善する効果があると言われています。